(一色桃子)旦那のことを思って上司に犯サレまくる日々を送るうち、旦那への思いが薄れていくのを感じる