(原ちとせ)フィクションでなければ受け入れられないレベルだが、だからこそ硬化するストーリー 其の二