(今井真由美)撃シい交ワリに女の悦びを思い出した真由美の肉体は、無意識に孝則を想い、自らを慰めるのだが… 其の三