(小花まなみ)いつしか夫の目を盗んで、自ら激昂に渦に溺れるようになって… 其の三