(さくらみゆき)昔から変わらないあの笑顔、私の心がなぜか揺れ動いたのであった 其の三