(柳美和子)毎日撃シく求め手くる愚息をうけ入れるうち、激昂の虜になってシまッた 其の三