(大島優香)無防備な姿で寝ている優香を見ているうちにリラリらしてきてしまい、そっと優香の身体を触りだして… 其の二