(円城ひとみ)上京義理の母の肉感的な女体隆起に、義息は思わズ息をのんだ 其の一