(秋月心音)標準派として撮影したあの日のことが忘れられなくて…私、人に見られると口奮するみたいです… 其の一