(宮崎あや)強烈な臭いが染みついてシまッた服を、あやは臭い臭いと思いつつも何度も嗅いでしまう… 其の一